2020年4月の振り返り:子育て家計と読書

スポンサーリンク

てでぃです。

まるまる1ヶ月コロナで引きこもりの生活でした。自分はもともとインドアでも楽しめる人間なので、気分が沈んだりネガティブになることはないですが、早くもとに戻ってほしいと思います

太陽光事業は2基目の発電が開始しました。当初の予定では3月中に残り2基も合わせて稼働していて、今4基動いているはずだったのですが、なかなか予定通りにはいかないですね

家計は今月から新年度ということで、家庭内の予算も気持ちも新たに頑張っていきたいです

スポンサーリンク

家計

4月の家計

4月は引きこもっていたこともあり予算よりも6.5万円節約できました。

特に大きかったのは今月から保育園に通う予定だった息子がコロナの影響で登園自粛になっていることです。

プラスになっているのは、下記の通りで、使い方として納得感あるので良しとします。

  • テイクアウトを楽しんだり自分がランチも家で食べることによる食費アップ
  • よちよち歩きを始めた息子の安全確保&家庭内をより快適にするための家具出費@ニトリ
  • 日々の楽しみとして夫婦で読んでいる鬼滅の刃(kindle)代

保育園の登園の自粛で妻の職場復帰も遅れている分、収入も減っているので全体がプラスというわけではないですが、お金を使う予定もないし、その分自分の夫婦共同資産への入金を増やすことで目標としている貯金額は死守しようと思っています。。。飲み会もないし、大丈夫でしょう。

そして、鬼滅の刃、おもしろい。夫婦ではまってます。

投資

3月に今後の投資は米株インデックス(VTI)一本ということに決めました。

なので、毎月の投資活動としては、通常の積立をVTIでしつつ、今まで投資してきた個別株のうち、利益が出ているものから順に売却して、VTIに乗り換えていきます

配当金はざっくり9,000円程度でした

  • Eastman Chemical Company
  • Philip Morris International
  • HDV

から配当がありました。

昨年より確実に成長を続けてくれる配当金。安心感があります

今後はVTIのみになっていくため、3の倍数の月(3月、6月、9月、12月)の受け取りのみに変わっていきます。現地の月末っぽいので、実際の受け取りは翌月のずれるケースもありそうですが。

読んだ本

  • どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している
  • 夫の知らない家事リスト
  • 「パパは大変」が「面白い!」に変わる本
  • なんでお店が儲からないのかを僕が解決する
  • ディズニーCEOが実践する10の原則
  • 国盗り物語1

以上の6冊を読みました。ジャンルもバラバラですが、どれも良い本だったと思いますが、特に良かったのは、「ディズニーCEOが実践する10の原則」です。

アメリカの地上波テレビ局であるABCの一社員からディズニーの社長になり、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、そしてFoxの買収をするなど、ディズニーを世界最強エンタメ企業に成長させたCEOの自叙伝です。

特に印象に残ったのは、大事な局面でのやり取りにおいて、相手の気持ちに対して誠実であろうとする姿勢でした。厳しい交渉の中でも、駆け引きしない。相手をリスペクトする。など、当たり前のことに感じますが、実際の気持ちの変化や葛藤も合わせて書かれていることで、彼の人間の大きさを感じました。

まとめ

4月も充実した月になりました。特に息子と過ごす時間が長いことで、彼の成長を実感できるのは何にも変えがたい喜びです。今は子育てで大変なことも多いですが、振り返ると今の時間は本当の意味でプライスレスなんだろうと思います。

5月も引き続き、引きこもりな日々になりそうですが、室内エンタメの財布の紐は緩めつつ、家族3人で楽しく過ごしていきたいと思います。

じゃ、そゆことで。

コメント