個人の信用が今後ますます重要になると思う4つの理由

スポンサーリンク

「これからは個人の時代だ」みたいなのってけっこう聞きませんか?いわゆる大企業で働いてきてしまっている自分ですが、最近危機感とチャンスを同時に感じています。

このまま大企業で働いているだけではダメだと思うと同時に、個人の能力・努力次第で道が大きく開ける可能性を感じているということです。

この記事は、とりあえずサラリーマンやってて、良くも悪くも会社の名前で判断されているあなたのため、もしくは、まさにとりあえずサラリーマンやっている私自身のために、「今後は会社に頼っててもダメだよ、個人の時代だよ」ということを伝えるために書きます。

最近自分への戒めみたいな記事を書き続けてるな(笑)

スポンサーリンク

個人の実績・信用が可視化されている

第一にこれです。よくわからない胴元を取り除いて、個人が直接マーケットに触れることができるようになりました。

ヒカキンさんの実績は彼に紐付いて、事務所には紐付かない。イケダハヤトさんの実績は彼自身に紐づいて、信用として積みあがっていくわけです。

また、ごまかしもききにくくなっています。新しい仕事をするとき、これまでの実績や人間性を見ると思います。それ、ネット上で見ることができるんですよね。最近は企業の採用担当者も学生のSNSをチェックするそうですが、インターネット上で活動の履歴とかある程度見れてしまいますよね。

逆にいうと、そういったものをすべて隠している人は信用されない時代になってくるかもしれません。follower数が多くて、割とまともなツイートをしていたら、なんか変な人ではなさそうだなって思いませんか?私もだいぶ遅れて参入したTwitter頑張らないと。

ちなみに私の妻はネット探偵が得意らしく、誰かのアカウントをすぐ見つけることができるそうです。私の妹のアカウントとかすぐ見つけていました。恐ろしい時代です。

同じ会社に定年まで勤める時代じゃない

会社も国もあなたを守ってくれません。どうしたらいいでしょうか?自分の身は自分で守るしかないですよね?

今払っている年金だって、いつもらえるんでしょう?70歳?80歳?もしかしてすごいインフレが起きて実質紙くずになってしまうかもしれませんよ。

今ある貯金・給料をしっかり運用しておくのはもちろんですが、自力でお金を稼げるようになっておかないとまずいです。

人口の予測ってかなりの精度で当たります。海外で戦えない日本企業は今後バンバンつぶれるのは間違いないです。単純に稼ぐ人がいなくなって国内からお金がなくなっていくからね。

個人の実力と信用を積み上げておくことが、年金よりもお金よりも強力なセーフティネットになります。

情報量は増える一方で、信じられる何かが欲しくなる

これは昔からですが、ネット上の情報って信用ならないものが多くないですか?
2chの情報とか鵜呑みにしちゃう人はいないですよね?つまり、匿名の情報だと信用力はゼロなんです。

実名である必要はないのですが、情報の信用度は人に紐付きます。これはネットに限った話ではないですが。自分もネットでいろんな情報に触れていく中で、この人の発信することは「価値がある」と思うと自然とフォローしてしまいます。

もちろんたまには違うな、と思うこともありますが、自分の意見とぶつけてみたり、新しい情報ソースとして価値があるんですよね。

誰でも発信できる時代なので、情報は無限です。英語ができればアクセスできる情報はもっと増えます。その中で何を信じるか。今はまだ既存のメディアのフィルタが信用されていますが、個人への信用のシフトはどんどん起きています。

技術革新のおかげで一人で事業をできるツールが揃ってきている

Youtuberとかもはや珍しくないですが、これってけっこう画期的なことだったと思います。何が画期的かというと、”フィルター”を取り除いて、個人が直接マーケットで勝負できるようになったからです。

小難しく言うと、言論の自由、表現の自由がインフラとして整備されたとも言えるかな?

Youtube, Twitter, メルカリ, Voicy, Facebookなどなど、個人が発信するツールは激増しています。いいものつくっても販売チャネルを持っているお店に置いてもらえないとダメっていう状態から、いいものを自分でマーケティングして、Web上の自分のお店に連れてこれる時代です。

もちろん競争は激しいですが、そもそも消費者との間の「フィルター」は取り除かれたわけです。消費者がいいと思えばいい。そして中間マージンも抜かれない。

スモールビジネスの経理もそうですね。昔は家族が経理やるのが当たり前だったかもしれませんが、今はクラウド上で処理できる自動化ツールがどんどん出てきています。

私がマネーフォワードに投資している理由の大きな一つが「個人事業主の経理ツールニーズの激増を予想しているから」だったりします。

まとめ

いかがでしたか?あなたの危機感をあおりつつ、いい感じに自分も危機感を感じてきました(笑)

個人の実力・信用というとハードル高そうですが、消費者から直接反応があるのは面白いかもしれません。自分が出せる付加価値を磨いて、マージンを抜かれることなくお金を稼げるようになりたいですね。私は心の底からそうなりたいです!

次のステップは自分が働かなくても生きている資産をつくることですが、まだまだ遠いです。

自分は、他の商品を考えつつ、まずはブログに挑戦中。行動あるのみですな。

不動産も練習も兼ねて小さく始めたい。田舎のおいしい食材を売るWebサイトを立ち上げたり、妻のヨガ教室とかもいいし、自分のFPの知識を活かしてワンコイン資産運用コンサルとかもいいかな。夢はふくらみます。

そんじゃ。

コメント